2015年10月13日

S&T M870 ソウドオフ

で、前回のS&T製 M870



ぶった切りました。



本当にソウドオフ

こんな感じのサイズ




なんでこんなことしてるのか…というとですね

870のソウドオフ・モデルが欲しかったんですが

マルゼンが発売したエアコキの870ソウドオフと、それをコピーした海外メーカーの「ソウドオフモデル」は下のカタログ下段のような形の先台なんですよね…



もちろんこの形の先台も実銃に存在するんですが、フルサイズの先台のままのソウドオフモデルが欲しい…ということで


切断についてですが

マルイのフルサイズベネリM3のようにストック後端からレシーバーまで長いボルトが入っているわけではなく、ソウドオフモデルと同じ長さの短いボルトがストック根本からついているだけなので、そのままグリップ後ろあたりでカットして大丈夫です。

あとは好きな位置でアウターバレルとインナーバレルを切って完成。



個人的に、ソウドオフ870ったらこの形です。






同じカテゴリー()の記事画像
MAGPUL AKグリップとAKマガジンと
LCT製AK 黒光り塗装 その2
S&T M870 ショットガン レビュー
LCT製AK 黒光り塗装
LCT製AKMSに実物ハンドガード取り付け
LCT AKMSとus.palmパーツ
同じカテゴリー()の記事
 MAGPUL AKグリップとAKマガジンと (2016-03-06 22:35)
 LCT製AK 黒光り塗装 その2 (2015-11-08 09:42)
 S&T M870 ショットガン レビュー (2015-10-13 18:51)
 LCT製AK 黒光り塗装 (2015-05-10 09:33)
 LCT製AKMSに実物ハンドガード取り付け (2015-03-31 20:24)
 LCT AKMSとus.palmパーツ (2015-02-18 21:17)

Posted by 岬  at 20:01 │Comments(0)その他

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。