2014年02月15日

AKのウェザリングの話 その2

「その1」の続きです。

AKM以降の「塗装のak」達の仕上げ…



VFC製がダントツで「リアル」です。
ちょっと画質悪いんですが…


人によってはマルイ同様「テカテカしてて安っぽい」「LCTみたいな黒染めの方がギラギラしててカッコいい」と言われますが、これでいいんです。
これで正しいんです。

結構使いこんでも「その1」のロシア軍か、このような感じになるみたい、



真っ黒テカテカで、角っこだけ細かい傷で銀色になっている…これです。
現用ロシア軍装備の方、如何でしょうか…!



で、じゃあLCTの黒染めはどうしたらいいのか…という話に

「黒染め」は「塗装」より安くできるらしいんですね。

コストダウンのために、塗装の技術があっても現在黒染めで生産されているAKもあります。

知っている中ではルーマニアのAIM・AIMS。
エキサイトな翻訳なので合ってるかわかりませんが、「リン酸塩」で染めているようで、LCTの黒染めに近い色と落ち方をします。


ハンガリーのAMD65、中国の56式も「染め」です。

56式についてはRSが仕上げも外観も寸法まで最強なので割愛。
56式が好きor56式でも構わない…という方はRS一択かと思います。


ルーマニアンAKですが
輸出仕様のAIM・AIMSはもちろん、MP md なんちゃら とか、国軍仕様も黒染めみたいで、まるでLCTのような色落ちをしてます。





「綺麗な状態」では、まるで新品のLCTのような色。





このへんの色をVFCやDboy、CYMAあたりで再現するのはとっても面倒。

そしてハンガリーのAMD65。




なにで染めているかはわかりませんが、こちらもLCTをウェザリングしたかのような色の落ち方をしています。




これなんかウェザリングしたLCTそっくり






以上、だいたいこんな感じです。

実銃が塗装仕上げのAKはVFC、黒染めならLCT…という住み分けがいいんじゃないでしょうか

「リアルかどうか」を気にする人は実銃の表面仕上げに準じたウェザリングをかけると、また自己満足度が上がると思います。





同じカテゴリー(その他)の記事画像
The Division 装備を考える 大物編
The Division 装備を考える 小物編
LCT ボルトハンドル新旧比較
LCT製AK 黒光り塗装 その2
S&T M870 ソウドオフ
ギアログ テトラ 参加して来ました!
同じカテゴリー(その他)の記事
 The Division 装備を考える 大物編 (2016-11-25 12:41)
 The Division 装備を考える 小物編 (2016-11-24 09:46)
 LCT ボルトハンドル新旧比較 (2016-06-04 07:45)
 LCT製AK 黒光り塗装 その2 (2015-11-08 09:42)
 S&T M870 ソウドオフ (2015-10-13 20:01)
 ギアログ テトラ 参加して来ました! (2015-05-27 23:44)

Posted by 岬  at 10:09 │Comments(2)その他

この記事へのコメント
いやあやっぱAKはカッコイイっすなあ

俺も塗装し直したマルイAKが中々良い感じに仕上がったんでブログにあげようかなwww
Posted by タ・カート at 2014年02月15日 12:15
タカート さん 〉
マルイを仕上げるのって大変ですよね~…
Posted by 岬 at 2014年02月15日 14:33
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。