スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年11月25日

第二回 LEvsPE にボーダーパトロール装備で




11/22にデザートストームで開催された「第二回 LEvsPE」に参加してきました…

というか、自分が主催なので開催したイベントに参加しました。


LE…Law enforcement装備とPE…public enemy装備でサバゲーをしよう!というイベントゲームです。






ギアログではCBP A&Mをやったので、今回はCBPのBorder Patrolっぽい装備で参加。



撮りたかった写真が撮れて満足でした。






こっちは本物。








難しいですね~…服もBDUで代用して腰周りもアレなので、こちらも頑張って揃えていきたいです。

  


Posted by 岬  at 01:45Comments(0)LE装備イベント

2015年11月21日

ギアログ ファイナルの時の装備 CBP A&M AIA




ギアログ ファイナルでの自分の装備の話




CBP(税関・国境取締局)のA&M(空&海)という部隊のAIA(AIR INTERDICTION AGENT …空担当)。



振動センサーや無人偵察機が見つけた密入国者を追い払ったり、地上で活動するボーダーパトロールを空から支援したり



現場で出た要救護者の救急搬送もしたりしてます。




また、移動中・逃亡中の密入国者グループが分散したりして地上部隊の手に余る時は、先回りして地上に降りることもあるようです。




ちょっと前に中野のギアショップ「WARRIORS」さんがブログで紹介していたボーダーパトロールの特殊部隊「BORTAC」を輸送してたのがA&MのAIAです。





その彼等AIAの左肩のパッチが手に入ったので、今回はAIAを意識した装備で参加しました。




右肩は色違いの代用なんで映しません(笑)



友達のBORTAC装備とCBP合わせ





フライトスーツにYETESのラペリングハーネス
チェストリグはCONDORのmcr-1。
ポーチは同じくCONDORのマガジンポーチやカフケース、GPSポーチ、VIPストロボ等小物で飾ってます。



年代とか装備の組み合わせ等まだまだ雑なので、もっと調べて点数上げていきたいですね。




  


Posted by 岬  at 09:43Comments(0)LE装備イベント

2015年11月19日

ギアログ ファイナル !!

参加してきました!


参加された皆さん、主催のMMR-Zの皆さん、お疲れ様でした!!



装備好きのためのイベント、今回でファイナルだそうな…


直前までどの装備で行くか悩んでましたが、これまた直前にebayからパッチが届いたので



CBP…税関・国境取締局のA&M(空と海)のAIA(空担当)をイメージした装備で参加しました。



ボーダーパトロールの空部門…のような組織で、地上部隊の支援や輸送、要救護者の搬送なんかをやっています。



ちょっと前に「WARRIORS」さんのブログで紹介されていたボーダーパトロールの特殊部隊「BORTAC」を輸送してた人達です。




装備については次回に取っておいて、今回はゲームの方のお話を長々と。

最後の四つ巴があんなことになった背景や、総当たり戦でのアレコレを書いていきます。

特に興味無い方は他所へ行ってくださいすいません。






さて。

こちらがチームわけ





Aチーム   隊長 岬


おいいいいいいいいい…!!!!!!


聞いてないっすよ!!!!(ガチ)

主催のイタズラ心で自分のようなド新参が隊長に…
めちゃ恐縮です。申し訳ないです。
Lineグループチャットに画像が流れてきた時はコラだと思いました。

泣いても喚いても変更されないので、気を取り直して。

やるからには勝ちたい。ファイナルだし、勝ち逃げたい。

Aチームの構成は
米海兵隊・MARSOC・LE・陸一般・CST

勝った!?勝ったんじゃないかこの布陣!

前回手強かった海兵隊とMARSOCが味方で、イケイケなLEと、殺る気満々な友達のいる陸一般と、CST…これは身内。

強い友達が何人かデルタ・SASとしてDチームにいますが、手駒で勝てる…!?


と、ワクワク勇んで第一ゲーム。
相手はSEALSメインのBチーム。憎きSEALSです。テトラで全てを裏切り優勝をかっさらって行ったシールズです。

今回は総当たり戦なので、初っぱなからボコボコにしてやる…と言ってもやることは一緒。

サバパーのMAP



概ね前回と同じ作戦で。
走れる人間で有利なポイントまでダッシュして前線を構築して押し潰す…予定だったんですが!!!

微妙にいいポイントに斬り込めない…!
モタモタしてる内に航空支援で逆転され押し返され…
MAP左側のヘスコエリアが抜かれ、維持していたCQBエリアに突入され一進一退。
いいように削られて終了しました。

次はロシア・EUメインのCチーム。
こちらはテトラと同じ作戦が決まった感じ。

次、陸軍特殊がメインのDチーム。

いつものようにCQBエリアに突入するも、市街地側の塔が取られ、ヘスコを抜かれ、CQBエリアは包囲されました。
目につく敵を端から撃つものの、どんどん突入され追い出されました。
ヘスコ側スタートで追い詰められるともう手も足も出ない…

で、終了。


ダメじゃん!!

その後BチームとDチームのゲームはBチームが勝ったように見えました。

総当たり戦はこんな感じ。

からの四つ巴ですよ。

どうしたらいいのかと。

今のところ暫定一位はACDに全勝しているBチーム。
次点でDチーム。AとCが3位争い。
のように見えます。

こうなったらBチームを叩くしかないだろう…と
Cチームの隊長(ヘンノ氏)と協定を結び、Dチームに手を回して貰い、Bチームを袋叩きにする作戦があっという間に決まります。

で、ここでBチームから協定のお誘いが。
一緒にDを叩かないか…とのこと。いやまて。

暫定一位のBと組んで旨味なんか無いぞと。Bの優勝に花添えるだけやんけと。

するとBチームの口から

「Aチームが今のところ一位でしょう」

んん?

「1ゲーム目、Aチームにやられちゃいましたもん」

んんん?


なんか他の隊長と話しても、メンバーと話しても、どうも食い違うんですよ。

皆が「うちはダメダメ。○○が一番だから、一緒に潰そう」といってます。

これはどういうことかと、戦後にキャットウォークで全ゲーム観ていたMMRZの方との話したことをまとめるとですね…


上記ゲーム内容は全部自分だけの主観でしかないんですね。
どういうことかと言うと、1ゲーム目で僕が押されていたCQBエリアの横…塔とコンテナと敵から一番近いトンネルはAが抑えて殺しまくっていたらしいんです。



つまり、ヘスコ側と市街地側で入れ違いになっていたわけです。



当然ヘスコ側とCQBエリアの味方(自分含む)は「ダメだった」となるわけですが、市街地側担当の人達にとっては「勝ち戦」です。

敵のBチーム視点では、ヘスコ側担当は勝っているものの、市街地側はスタート地点すぐ近くまで攻めこまれて大ピンチ…と。

どうもこんなことがB対Dでもあったようで、お互いに「あっちの方が優勝に近い」と言っている始末。

とにかく四つ巴開始前の自分の目にはBチームが最強に見えたわけです。

なので、協定を組むフリをして、予定通りCチーム・Dチームと合同でBを叩きます。

で、実は開始直前にCチームの隊長ヘンノ氏にこそっと「ある程度B叩いたら、暫定二位のDチームも殺りませんか」と話してました。

これによりBチームのデス数が増え、Dチームも損耗し、4つのチームが横一列に並んで面白いじゃないかと。

ヘスコ側スタート組のAチーム・Cチーム対、市街地側のBチーム・Dチーム…の構図に持っていく作戦でした。


いざ四つ巴戦がスタート!

ACD合同でBをフルボッコに!

そこからDチームの背中を撃つタイミングをヘンノ氏と話合っていると、B叩きを切り上げたDチームがAチームを攻撃!

このDチームが、Cチームの横からAチームを撃ったもんだから現場は大混乱。

Cチームがヘスコ側からDチームを追い出すものの、AとCで内紛に…
自分はヘスコエリアを往復して停戦を促して歩いてました。

お互いに「撃ってきたから撃ち返した」と…ヒエー

違うんです。Dチームが撃ったんです。


なんとか混乱から持ち直し、ヘスコ側のA・Cチーム vs 市街地側のB・Dチームをしばらく戦って…終了

長くなりましたが、総当たり戦と四つ巴戦は大体こんなところです。

で、





結果。




Aチームが優勝しました!!!



わーーーー!  ! !!! !

海兵隊・MARSOC・LE・陸一般・CST、Aチームの皆さん、お疲れ様でした!

自分みたいなポッと出の隊長の拙い指揮でご迷惑おかけました。

優勝は皆さんの頑張りのお陰です!ありがとうございました!


また、Cチームの皆さん!隊長のヘンノさん!

最後までAチームと共闘してくださってありがとうございました!!

Aチームの優勝は皆さんのお陰でもあります!

皆さんお疲れ様でした!  


Posted by 岬  at 00:33Comments(2)イベント

2015年11月08日

LCT製AK 黒光り塗装 その2



ギンギラ銀色のLCT AKを真っ黒黒光りな表面仕上げにして実銃っぽくしよう…!

という記事の続編になります。

前のやつ
【LCT製AK 黒光り塗装】
http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e658395.html


部屋にLCTのクリンコフが転がっていたので実験してみました。

この辺が参考にした写真。





塗装前のLCT製 AKS74U



ウェザリングしたのでギラッギラです。銀色です。
一目で「ウェザリングしたLCTですね」とわかります。

長年使い込まれたAKS74Uは確かに銀色になるんですが、窪みや谷部には塗料が残っていて疎らです。



この写真のS74Uもストック基部とフロントサイトの一部は黒のままですね。

「すごく使い込まれたAK」を持ちたい民兵装備の方なんかは、一旦ギンギラにウェザリングしてから真っ黒に塗装して、そこから色を落としたら上の写真のようになると思います。



今回使ったのはタミヤ・カラーの「黒」つやあり



薄く塗って(吹いて)乾かす…また薄く塗って乾かす…を繰り返して真っ黒にします。

綺麗に真っ黒に塗れたら、そこから更に濃いめに吹きます。
やり過ぎると玉になるので、控えめに濃く。


金ヤスリを軽くぶつけたり、粗めの紙ヤスリでちょっとだけウェザリングして

完成。








VFCのクリンコフと。
上が今回塗ったLCT。



LCT臭い表面仕上げ…からは離れたかな…と。





今回は「綺麗に真っ黒に塗装してから重ね吹きする」でも、前回の「満足するまで薄く塗って乾かしてを繰り返す」でも、同じような仕上がりになりました。

どちらでもいいみたいです。

ソ連・ロシア本国仕様の塗装が好きな方の参考になれば…と。


  


Posted by 岬  at 09:42Comments(3)その他