スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年01月27日

第75レンジャー装備 更新




PMCやゴーストで隠れてましたが、何気にアップグレードしている第75レンジャー装備。

メーカー不明の安物テカテカPCUレプをS&Gのレプに買い換え。そのうちメットもエスグラのに変更したいです。
下は実ACU UCP。
ブラックホークのベルトにセーフティランヤード。
メカニクスグローブ。
靴はMERRELL ソウトゥース…モアブもあるんですが、こっちのが走りやすいので…(甘え)




今までは安さ優先でTMCのコレジャナイRG色サイラスをベースにしていたんですが、あまりにもアレなのでflyyeのMBAV…のようなものに買い換えました。



TMCのRGよりはマシ。
ポーチつきだったので、多少ゴチャゴチャ感もアップ
もう少し濃い色に塗ってみたり、汚したりしていきたいと思います。



この写真の人に惚れて249ガナーにしたので、ポーチ配列をちょっと真似してみます。





動き辛いことも無く、M249も軽量なPARAモデルなのでサバゲーでガンガン使えます…が、軽量とは言えオアシスやRAIDではちょっと…ね。



当面デザートストーム用に運用していきます。

  


Posted by 岬  at 15:09Comments(0)

2014年01月20日

迷走するタクティカルAK



β×MAGPULのタクティカルAK。

本来はこの写真を再現するのが正しいのでしょうが、そこはそれ、移ろいやすいサバゲーマーの心(偏見)…



いろいろと別の仕様を試みてる方もいるはず。




エクステバレルで伸ばしてみたりですね~…



ゴッテゴテにしてみたり…




「あーしよう」「こーしよう」と悩んで迷走してる貴方にインスピレーションを…等と偉そうなこと書けるほど大したカスタムではないので、こう…

「ここにアレつけたらどうだろう」
「これ外してみたら…」

と考えてるタクティカルAKユーザーの参考画像的な助けに少しでもなれたらと思います。


ストックをTANカラーに換えてチークピースをつけてみました。
レールパネルも茶に変更



いろいろ着けたり外したりしていくと、シンプルなのも使いやすくてですね…




迷走する原因であるレールハンドガードを取っ払ったらいい感じに落ち着いてきました。




自分はしばらくこの状態で使おうかと思います。
  


Posted by 岬  at 10:13Comments(0)

2014年01月13日

The last of us 装備考察 その3

「The last of us 装備考察」その3



まぁ、サバゲーでバリバリ戦うならサブマシンガンかアサルトライフル。

ただラストオブアスで主人公が冒険する世界は文明崩壊から20年後…ということで…。

恐らくサブマシンガンは一部の物資潤沢な組織以外では使われなくなったことでしょう。
「近距離の敵に拳銃弾を蒔く」がコンセプトのサブマシンガンは、できる限り弾を節約しなければならないあの世界に合わな過ぎます。

MP5のような高精度のサブマシンガンは感染拡大初期に大活躍したでしょうが、MP5は1000発手前くらいでボルトが削れて暴発事故を起こすようになるとか読んだ記憶があります。
文明崩壊から20年、メーカー修理対応は望めないでしょう。
それなら9mm弾は拳銃に詰めた方が…と。
燃費と瞬間火力的にも。
30発マガジンつけたMP5を人一人に持たせるより、15発マガジンの拳銃を二人に持たせた方が…ね?
状況にもよるけど。


ではアサルトライフルは?
ゲーム中、最後の方で出て来ましたが、数が多いM16/M4は残っていても不思議では無いです。
5.56mm弾なんてどこでも手に入るでしょうし、銃自体の予備部品も入手可能でしょう。
そもそも「使う人」が少ないし。

あと耐久性の点でカラシニコフライフル。
20年経とうが40年経とうが、きっと元気に仕事してくれるはずです。


自分がもし、ラスアスの世界でアサルトライフルを持つとしたら、絶体絶命の危機を乗り越える切り札として温存すると思うんですよ。

ゲーム中、来る感染者ラッシュに備えて火炎放射器を全然使わずクリアしてしまいましたし…

ということは、基本的に後ろに背負ったままになるはず。
雨風に晒され、砂埃や建材の破片を浴び、水溜まりに浸かり泥水被り、転んだりぶつけたりするわけです。

逃げ回って転げ落ちた先で目の前にクリッカー数体…拳銃じゃ凌げない…という時、背中から回して使うのにリュングマンのM16じゃとても頼れない。

というわけで、AK使います(強引)

AK好きだからね。仕方ないね。

で、定例会に投入してきました。



何気に背中が重い…。
そして鉄パイプとショットガンが走るにも隠れるにもしゃがむにも邪魔。



間に合わせで全面MOLLEのバックパックにしてしまったのを後悔…
ショットガンとパイプつけるのに都合よかった…ってのもありますが

そのうち普通のリュックサックに交換したいです。


某掲示板や某コミュニティーで計画されている「世紀末サバゲー」が実現したらこの装備で行きます。
誰か人集めてやって!
ゾンビ映画や、STALKERとかメトロ2033とかフォールアウトとか、ああいう装備限定の超ニッチゲーム会…
  


Posted by 岬  at 21:19Comments(4)終末装備

2014年01月13日

The last of us 装備考察 その2

「The last of us装備考察」その2

まず大変なのが、服!!

主人公ジョエルさんの服装はジーパンにチェックのシャツをパンツイン。背中にリュックサック…というアキハバラスタイル…。

これを日本人がやると最前線君の出来上がりである。

髭面のオッサン(CV:山寺宏一)だからこそカッコいい

というわけで、主人公の格好はあきらめて、ラスアス感を残しつつアレンジを加えて、ゲーム後半に出てくるロリコンと愉快な仲間達(モブキャラ)を目指します。

近場の古着屋を巡ってヨレヨレの上着と、チェックシャツを購入。ジーパンは家にあったやつ。


これだけではただの私服装備(?)なので、「あ!ラストオブアスの格好だ!」とまではいかなくとも、「あぁ、言われてみればラスアスっぽいね」くらいになれば…と。

「The last of us」をプレイしてる間プレイヤーの目の前に映ってるリュックサック。
この特徴的なリュックサックでラスアスっぽさを出しましょう。

こんな感じ。



右側には近接攻撃武器。
ゲーム中愛用した鉄パイプ。




ホームセンターの塩ビパイプにマットホワイトのスプレーを吹いて完成。



左側は同じく愛用したショットガン。
ゲーム画面からなんとなくレミントンM870ではないかと。


実家の元自室の壁にバイオハザードの吊り天井トラップの鍵のごとく飾ってあったマルゼン870を持ち出して来ました。


その他ゲーム中にも登場するアイテム作成素材「布」や「ダクトテープ」をくっつけます。


前はL字ライト。


ダクトテープでグルグル巻きに。


ホルスターには短銃身のリボルバー。

クラウン製エアコキ。低価格の割にいい出来です。
グリップが変な赤茶色プラスチックだったのをスプレー「ラバーブラック」で塗ってラバーグリップっぽく。

大体これで完成です。

ただ、サバゲーでクラウンのリボルバー一丁ではこの先生きていけない…

背中のM870はその昔サラコナーごっこして壊れて以来だし…


というわけで、「The last of us」の世界観をそのままに、サバゲーで使えそうな銃を考えます。

その3へ
http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e507964.html



  


Posted by 岬  at 21:03Comments(7)終末装備

2014年01月13日

The last of us サバゲー装備考察 その1

「The last of us」というTVゲームをご存知だろうか。

PS3で発売しているゲーム。

人間に寄生する「菌」の蔓延により文明が崩壊した世界。
感染拡大初期の混乱で娘を失った主人公ジョエルは、建て直しを図る軍の管理する隔離地域で運び屋として生きていた。
ある日いろいろあって頼まれた荷物は14歳の女の子エリー。
主人公は女の子と共に崩壊し、風化している都市を抜け、目的地を目指す…



こんなゲーム。

ワクワクしてこないだろうか?

俺はする。

古典SF「トリフィドの日」から始まったと言われる「世界崩壊系SF」を舞台にしたゲームに、また新たな良作が加わったと思う。

「デッドライジング」「フォールアウト3」「メトロ2033」等のゲームが好きな人、また「ゾンビ映画」や「28~後シリーズ」、「アイアムレジェンド」「ザ・ウォーカー」のような映画が好きな人は、是非プレイして欲しい一作である。


風化し、自然に侵される街並み、所々に残る生存者がいた痕跡、襲いかかってくる感染者の群れ、少ない物資のやりくり、本当に怖いのは生きている人間…


こうした世界では「お約束」になっているアレコレを盛り込み、それを綺麗なグラフィックで楽しめる。

歩くところ行くところの景色風景がとても綺麗で、廃墟巡りの楽しさの片鱗を味わえた気もする。




ゲーム的には基本的に隠密行動。
できるだけ戦わず、戦う時は奇襲。静かに一人ずつ。

銃も拳銃やショットガン、ライフル等登場するのだが、ようやく手に入った弾が「リボルバーの弾 3発」とか「ショットガンの弾 2発」とかなので、派手にドンパチはできない。

アイテムは落ちてるのを拾うか、拾い集めたガラクタから作成することができるが、強力な投擲武器「火炎瓶」を作るのに必要な「アルコール」が回復アイテム作成の材料だったり…いろいろやりくりしなればならない。

最近のバイオハザードより余程バイオハザードしてると思うがどうか。


で、同じくこういうゲームや映画大好きな友達と「The last of us 装備でサバゲーやろうぜ!」という話になってですね…。

あれこれ悩みながら、コスプレではなく、サバゲーで使えるラストオブアス…ラスアス装備を考えて組んでみます。





その2へ
http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e507953.html  


Posted by 岬  at 20:20Comments(0)終末装備

2014年01月11日

CoD:MW2ゴースト(リオ装備)



概ね完成。
何度かサバゲーに投入してきました。




CoD:MW2、リオデジャネイロ戦の時のゴースト装備です。






リオデジャネイロステージのTF141はモブキャラも単色の服に装備をゴチャッとつけてて大好きなんですが、特徴が乏しくて再現してる人があんまりいないんですよねぇ…



リオ装備自体はレッグダウンのバックとホルスターがちょっと動きを重くしている以外は、なかなかサバゲーでも使えます。

銃もMW2の「あのM4」を再現したいところですね。



簡単なのでそのうち…

OP金魚第三回があるならリオ装備ゴーストで参加したいです。

TF141の方、フィールドでお会いすることがあったらよろしくお願いします。  


Posted by 岬  at 20:59Comments(0)