スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年10月09日

カミースとXM177E1



はい。XM177E1です。

突然ナム戦装備でも始めるのかと思いきやどっこい…

アフガニスタンだよ!!


…「キャットシットワン」という漫画をご存じだろうか。
この業界では有名と俺の中で噂の小林源文先生の漫画である。

ウサギやネコや熊が人間のように生活している世界が舞台の戦記漫画で、10年以上前にコンバットマガジンで連載された。



ベトナム戦争から始まったこの漫画は、ここ数年で東西冷戦を舞台にした「キャットシットワン80」としてコミック4巻まで発売しており、パッキーの息子が主人公で湾岸戦争を舞台にした「キャットシットワンJP」という番外編も発売している。



ベトナムから帰還したパッキーことパーキンスはその出自から米国のアドバイザーに。
ラッツはCIAに。
ボタスキーは外食チェーンで大当たりしお金持ちに。

…それぞれの道を行くかつてのNo.1ロードランナー「キャットシットワン」は東西冷戦を機に再び集結し、アフガニスタンに侵攻したソ連軍側の主人公「ミーシャ」の物語と交互に進んで行く。

さて、ソ連軍の侵攻に対抗しているアフガニスタン民兵に歩兵携行地対空ミサイル「スティンガー」を供与しているCIA局員ラッツと共にアフガン入りしていたパッキー達を、ソ連側主人公ミーシャが強襲するわけですが…



なんとここでXM177E1が出るんですね~

この時のパッキーの格好はどうもカミース!!


カミースにパコールにストールにベスト…全部持ってるやん!!
というわけで、カミースとXM177の組み合わせ、大いにアリではないかと。

キャットシットワン80のパッキーのコスプレってことで。

パコールの色が白のように見えるので、後日揃えようかと思います。


で、XM177。
ベトナム戦争中に採用されたM16をサブマシンガンとして運用するべく開発されたコルトコマンドーの一種で、いくつかの欠点から、すぐE2モデルに移行しました…が、
パッキー達は結局最後までE1を使ってましたね。

アフガニスタンに持って行ったのが何年製だろうが、そうとう経年劣化しているはず。あとバトルダメージ。

真っ黒だったレシーバーを鉛筆でエイジング処理。ヤスリでウェザリング。





鉛筆にしては中々いい色になったと思います。
結構いろいろなものに使うんです鉛筆。
プラスチックでも金属でも、HBあたりの柔らか目の鉛筆をちょこちょこ塗り、指でゴシゴシ伸ばすと、炭色の光沢が出ます。

はやくカミースでサバゲーやりたいっす。
キャットシットワン80アフガンパッキー装備、めちゃめちゃ軽装で動きやすそう。  


Posted by 岬  at 01:51Comments(3)カミース

2013年10月08日

SR25を適当に塗装する。

さて、75レンジャーの写真を集めていて見つけたこの写真。


ナイツSR25。陸軍仕様でM110。
.308口径弾を使うオートマチック狙撃銃&バトルライフルは同口径のボルトアクションライフルに命中精度で負ける…
部品点数が多く、発射時の機関部の動作で銃が揺れ、スプリングでボルト閉鎖するセミオートライフルは、手動でしっかりカッチリとボルトを閉鎖するボルトアクションライフルに、どうしても命中精度の点で勝てない…。

しかしこのSR25、そんな常識をぶち壊す、驚異の0.75MOA(91メートル先の19mmに集弾)。

.308口径弾と軽量ボルトのリュングマンシステム、フリーフローティングバレルの組み合わせで実現した、「命中精度の高い半自動銃」。

ということで、信頼性の面であまり好きくないM16のリュングマンシステムは、狙撃銃でその真価を発揮したようです。

こういう性能から来るロマンも好きで好きで…
75レンジャー装備でM249と共にサバゲー運用されていたM4に替わり、次回からSR25を持って行きます。

難しい話は他にまかせて、SR25の塗装と仕上げをちょっとだけ

ベースはA&KのSR25。
他社と比較して細かいところで負けているというA&K。
刻印とかは気にせず、豪快にスプレー「木甲板色」を吹きます。


このままでは綺麗過ぎるので、角っこをヤスリでゴシゴシ。



レシーバーが角張ってるので、いい具合に色が落ちます。



ちょっと全体的に明るいので、スプレー「レッドブラウン」を適当に上から吹きます。
色合いの見本はこちら。


自分の。

スコープとかはまた今度。

この前友達と米陸軍合わせでサバゲーに参加。写真撮って来ました。

陸一般と75レンジャーとデルタフォースとCST。

10月とはいえ、フル装備でヘルメット被ってM249持ってダッシュは命が削れる思いだったのですぐさまパージ!!(へたれ)


久し振りのセミオートライフル、なかなか楽しかったです。  
タグ :SR25SR25 塗装


Posted by 岬  at 12:35Comments(1)