2016年06月18日

2016年06月18日

あの人装備用にWARRIOR ASSAULT SYSTEMS 「RICAS」買いました。

WASのRICAS買いました。



フロントはeagleのMBAVにそっくりです。




背面はCIRAS感ありますね。

ユーロ特殊やらない人がなんでこんな日本ではマイナーメーカーのプレキャリに手出したのって話ですが、

大好きなこの写真の



この左の人。




この人の装備をチマチマと揃えているわけですが、銃(AIMS)と服(上だけコンシャツ)と靴(サロモンの色違い)と帽子(ANAコマ帽)は兎も角、プレキャリがなんなのかさっぱりで、しばらくモヤモヤしてました。

うーん、この


とりあえず6094で代用してましたが、あの人は間違いなく6094じゃない。




あの人をちょっとズームしてみましょう



はい。

わけわからないです。

バックパネルからカマーバンドへのシルエットが不思議。垂直です。

6094じゃこうは見えないです。MBAVやCIRASは曲線になりますよね。

カマバンの上あたりのラインからMOLLE二列でもう内側にカーブしていくバックパネル…

探せど探せど同じシルエットのプレキャリが見つかりません。

しばらくモヤモヤしてたところに、これを調べてくれていた米海特の知り合いから連絡がありまして、

「あの画像のあの人、この画像のこの人じゃね?この人のプレキャリならシルエットもアレだし一緒に歩いてる連中もアレだし。」

とのこと。

教えて貰った手前、それを事細かに解説するのはアレなんで、次の記事に画像だけ貼りまくりましたんで察してください。

で、なんとか背面はわかったんですが、これがどこの何なのかがまたしばらくわからず

某ブログに行き着いて見たのがWASのRICASでしたとさ

海特やってる人達には有名な写真らしいので、(特に東海の人達は)とっくに特定されていたのでしょう


着けるとこんな感じです。



次の記事↓

http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e775722.html

  


Posted by 岬  at 19:13Comments(0)

2016年06月04日

LCT ボルトハンドル新旧比較



暑いのが大の苦手ですこんにちは。
暑い期間はオフシーズンとしてTVゲームや映画に明け暮れるわけですが、良い機会なので書こう書こうと思っていた「LCTのボルトハンドル今昔」をいざ。

ただの新旧比較です。知っている人は回れ右。

中華AKで一、二を争う人気のLCT製AKですが、ストック形状やら刻印やらセレクター位置以前の重大な欠点を持っています。いました。

それが「LCTのAKはボルトハンドルがすぐ折れる」問題。

マルイのMP5チャージングハンドル並に信頼性が無いと噂のLCT製AKボルトハンドル

(折れたボルトハンドル参考写真)


ですが、1年か2年か3年前にボルトがリニューアルされました!


左が新型。右が旧型です。


写真だとわかり辛いのですが、新型は微妙にマットブラック風味に質感が変わっています。

そこは別にどうでもよくてですね。
一番の変更はボルトハンドルの固定方法。

旧型

ハンドル裏からちょこっと溶接されています。
ちょっとした衝撃どころか、個体によってはただ手でボルトを後退させただけで折れると噂の旧型です。

で、新型

ハンドル裏からビス止めした上で溶接されてます。
どうせならVFCやELやマルイ47のように一体型にしてほs
LCTさんありがとうございます!



AKのパーツを重点的に揃えているショップでは在庫している…はずなので、ボルトハンドルに悩まされているLCTユーザーはこの新型ボルトの購入をオススメします。

  


Posted by 岬  at 07:45Comments(0)その他

2016年03月25日

「アフガンごっこ」にANAコマで




参加して来ました。

00年~のアフガン派遣部隊&現地軍 vs 民兵で特集ルールサバゲーをするイベントです。

50人程の参加者数で、ユーロISAF10、米海兵隊10、その他10くらい?
民兵が20人程?


自分はHRの時と同じ装備のANAコマンド




副主催(?)の煙氏と。
デジタル迷彩(上着だけ)のANA一般。渋い!




銃取り替えっこしてご満悦の俺氏。
プラステックでできてる鉄砲ですよ!!!すごい!!!



いや~、今回のイベントはユーロ勢沢山歩いててとってもカッコよかったです。


こちらは主催のあばたー氏が持ち込んだ絨毯!



お昼休憩時は同じくあばたー氏が用意したラム肉や野菜の盛り合わせが…!

すごい雰囲気!



ANPのヴィン氏が持ち込んだカレーや、レッドアフガンさんのナン等てんこ盛りな昼食風景

隣を見ると米陸一般がMRE食べてました。



終末サバゲの時もそうでしたが、イベントに沿った昼食を用意するとちょっと気分が盛り上がりますね。

あばたー氏の現代戦装備イベント
いつか第二回が開催されるようなので、また参加したいと思いました。




…ちなみに

今回のアフガンごっこ、現地軍であるアフガニスタン国軍は煙氏のANA一般、ヴィン氏のANP、自分のANAコマの3人でした…!

それぞれ3倍くらいいてもいいと思うの…

  


Posted by 岬  at 09:17Comments(0)イベント

2016年03月06日

MAGPUL AKグリップとAKマガジンと



最近…(と言っても結構前ですが)発売したMAGPULタイプのグリップとマガジンを着けてみたので簡単雑レビュー



あとus palmのマガジン。

これから買う&購入検討してる人向けです。

自分のはLCT製



LCT製のAKには無加工ポン着けでした。
マグプルAKグリップは+ネジ 。ガタもなくしっかり着きます。

マガジンも無加工で使用でき、弾上がりもバッチリ



余談ですが、前に記事にしたus palmのマガジン…
LCTのAKに無加工で着く…には着くんですが、マガジンを手前に引いていないと給弾しません。

自分のAKにはインナーマグウェルが無いので、インナーマグウェル有りだとどうなるかはわかりません。

そんな感じです。



この写真で木スト木ハンのAKに今時マガジンの組み合わせ好きになりました。↓



MAGPULタイプのグリップとマガジンはそのまま使えて値段も手頃で優秀だと思います。
  


Posted by 岬  at 22:35Comments(2)