2018年08月15日

ジュラシックパーク装備を考える 後編

「前編」で①と書いた「もしもパークが開園していたら」というifシチュエーションのジュラシックパーク装備。




先ず、何故開園出来なかったのか…どうしたら開園できるのか…について考えていきます。

何故開園できなかったのか…ですが、いくつものアクシデントが重なった結果でした。

そのほとんどはネドリーのせいですが、そもそもパーク自体にも色々問題があったわけです。

ですが、先ずは兎に角パークの管理プログラムを一手に担うデニス・ネドリーが買収されてしまったこと。

これが一番の原因です。

そもそも島全体を使った一大アミューズメント・パークの管理プログラムを一人で構築し、更に塩基配列解読用のスーパーコンピューターの並列化を実現する等、掛け値無しの天才であるハーバード大学出のシステムエンジニアを、給料に不満を持たせたまま働かせていた会社側に問題があるわけですけど…




そのネドリーを金で釣ったのが、バイオシン・コーポレーションの悪名高い遺伝学者ルイス・ドジスン。
彼はライバル企業の製品を盗み出し、分析し、似たような製品を作る産業スパイでもあります。

ライバルであるingen社がイスラ・ヌブラル島にスーパーコンピューターを持ち込み「何か」を作っていることを突き止め、その研究を横取りしようとしたわけですね。

彼に買収されたネドリーはパークのセキュリティシステムの一部をダウンさせ、その隙に恐竜の胚を盗みだしました。

ダウンしたシステムを復旧させるため、主人公側が一度全ての電源を切り、入れ直す作業をしたわけですが、これがラプトル脱走の原因になってます。

パークが開園するためには、このネドリーの問題が解決されなければなりません。

不満が出ない程の給料をネドリーに払うとか(少なくとも75万ドルで裏切らないような額)、その後適当なタイミングで複数の技術者を雇い交代させるとか…兎に角ネドリーをどうにかします。

次の問題は、マルカム博士の言う「生命は、生きる道を見つけ出す」の言葉通り、雌のみで繁殖を始めてしまった恐竜達です。

個体数の管理が出来ないというのは大変な問題です。
すぐに飼育員が異変に気づくでしょうが、草食と肉食を別のパドックで飼育しているため、個体数は増えるばかりです。

この問題を解決するには、定期的に人の手で駆除するか、一旦皆殺しにして、繁殖しない改良恐竜を一から作り直すしかありません。

死滅させること自体は、アミノ酸欠乏策という傲慢の極みみたいな作戦があるので平気かと思われます。

パークの恐竜は必須アミノ酸であるリジンを生成できないよう遺伝子操作されており、人間が供給してやらないと短期間で死滅する…そうです。

「ロストワールド」ではイスラ・ソルナ全域に草食・肉食が生活していたため、リジンを多く含む植物を草食恐竜が好んで食べ、その草食恐竜を肉食が食べる…ということで「生きる道」を見つけ出していました。

パークの方は檻で草食・肉食が別々に飼育されているため、リジン欠乏策で死滅するはずです。

上記の二つの問題が解決されれば、パークは開園できることでしょう。

劇中が93年、あと1年で開園できると言っていましたが、上の問題があるので(特に恐竜の作り直し)、そこから更に数年でしょうか。ラプトルは8ヶ月で成体になるらしいですが…他は2~3年だとか

さて、上記の問題が全てクリアになった後の「もしも」装備。




ジュラシックパークでは劇中冒頭、そしてフェンスの電源が落ちた直後にラプトルがフェンスを破って脱走しています。

作中でもパーク建設中にラプトルが脱走、作業員を何人か食べています。




作中で関係者が散々言っていることですが、そこらの動物園でも大変なのに(脱走事案はちょいちょいあります)、全く新しい…しかも凶暴で頭の良い生き物を飼育するのがどれだけ危険か…という話。




当然開園にあたって「万が一」の備えはしていることでしょう。








↑のパッチや小物が手に入ったので、友達と「パークレンジャー」をやってみました。
























自分のパークレンジャー装備はこんな感じ。



上はTAN、下はOD。
南アフリカのP83ベスト
対小型用…或いは大型の失明を狙ってサブマシンガンやショットガン




ランドクルーザーを用意してくれたのはBARちゃん工房氏。背景ぢからの塊です。






「~ワールド」のACUや、「Jurassic world exodus」の人達ほど今風では無い感じで。

全体的にちょっと古っぽく。90年代後半から2000年ちょいくらいのイメージで組んでます。

装備の色合いや雰囲気は実在のパークレンジャーや密猟者ハンターを参考にしました。




パークレンジャーといえば、ジュラシックパークを経営するビデオゲームにパークレンジャーが登場するんですが、そちらではフェンスの整備や恐竜への薬剤ダーツの投与、餌の補充など危険極まりない仕事をしていました…

また、「緊急対応班」もパッチに習って組んでみました。










前編で書いた通り小型・中型、そして大型に対応できるよう武器は色々準備しています。






こんな感じです。

大好きな映画のテイストを装備に混ぜるのは楽しいです。
こういう楽しみ方で遊べるのも、サバゲー装備のいいところだと思います。

パッチや小物類は海外・国内のオークションで手に入るので、ジュラシックパーク装備、如何でしょうか




以上です。ありがとうございました。



  


Posted by 岬  at 19:51Comments(2)その他

2018年08月15日

ジュラシックパーク装備を考える 前編



ジュラシック・パークが好きです。


映画公開が1993年、今年25周年記念だそうですね。




小学生の頃、この映画を観て大変な衝撃を受けました。

映画業界的にも凄まじいインパクトだったそうです。
1993年ですよ。恐竜なんてストップモーション(ゴーモーション)の時代です(この表現で日本人に馴染みがあるのは「ピングー」でしょうか)。
そこにあのコンピューターグラフィックスですから…




好きな映画を3つ挙げろと言われたら「バックトゥザフューチャー part1」「エイリアン2」、そして「ジュラシックパーク」です。

「ジュラシックパーク」は一般教養の範疇だと勘違いしてるダメなオタクなので、小説や映画の粗筋の説明は省きます…「~ワールド」主役のクリス・プラット曰く「初代を観ていないのは赤ん坊か、25年間昼寝してた奴くらい」だそうです。




「昔観たよ。もうあんまり覚えてないけど」という人は、この記事読んだのも何かの縁、この機会にまた映画観ましょう!
Amazonプライム会員なら無料配信中、その他のレンタルでも199円とかです。

クソ暑くてサバゲー行けない…無理…という貴方、ちょっとお菓子とジュースでも買って、映画鑑賞でもどうでしょうか?

ちなみに自分は「洋画は字幕」派なのですが、ジュラシックパークは吹き替えを強く推します。ベテラン声優陣の完璧な吹き替えなので、字幕派の貴方も騙されたと思って吹替で…

それと原作の小説も大変オススメです。本当に面白いです。
SF小説で有名なマイクル・クライトン作の恐竜サスペンス。

読書の秋…にはちょっと早いですが、こちらもAmazonで300円くらい。




また、この内容をよく2時間映画にまとめたな…と監督の手腕に再び感動します。

監督はスティーブン・スピルバーグ。常識ですね()

そんなわけで、ネタバレ全開で「ジュラシックパーク装備」について妄想を垂れ流していきますので、「そんなに言うならまた映画観ようかな…」となった方は一旦記事から離れて、映画を視聴してからまた来てください。

はい。

「ジュラシックパーク装備に興味無い?」と聞いたら二つ返事で友達が合わせてくれたので、その写真を貼りながら話を進めていきます。




自分達がやったのは大きく分けて2種類。

①もしもパークが無事開園したら…という、もしも世界のパーク職員

②「~パークⅢ」に出て来た傭兵達のシチュエーション

この2つです。
①の方は後編に回して、先ずは②の方から。






いきなり「~パークⅢ」の話から入りますすいません。

興行的には失敗した「~パークⅢ」ですが、何気に見所は沢山ありまして、中でも劇中登場する3人組の傭兵。




恐竜が見えると噂の島にパラセーリングをしに行ったまま行方不明になった息子の捜索を手伝って欲しい…と金持ち夫婦から依頼された彼らは、恐竜に対して半信半疑ながらも武器を準備して、「恐竜の島」に依頼主や「~パーク」主人公らと飛行機で降り立ちます。




もう妄想捗りまくりですよね。



自分なら何を持って行くか!




3人組パーティーならどういう銃と装備の編成で行くか!




いや~楽しいですね。

この「Ⅲ」の傭兵達はそれぞれ、5.56弾のAUGにロングマグ・5.56弾のSL-8・バレットM82A2(設定では20mm)…というように、3人組で大中小にしっかり対応できるよう準備していました。(大型担当を初手で失って瓦解しましたが)




持っていく銃や装備を考える前に、先にジュラシックパーク・シリーズに登場する「恐竜」についてお話しますね。




これは「~パーク」で解説されることですが、「ジュラシックパーク」に登場する「恐竜」は「恐竜」ではないんですよね。

恐竜の遺伝子の欠損を、別の生き物の遺伝子で補って造り上げた、「恐竜ベースの恐竜っぽい生き物」なんですよ。

作中でウー博士が語った通り、「客は本物を求めていない。客は予想通りの恐竜が見たい」。

ウー博士は後にエンターテイメントとして「~ワールド」にてインドミナスレックスを作るわけですが、この頃から展示物としてのバージョンを作ろうと提案しています。この頃は「より大人しく従順な」という方向のバリエーションでしたが…

というわけで、こちらの世界の「恐竜」とは違うんです。純粋な恐竜では無い…と書くのが正しいでしょうか

それが後々、勝手に繁殖したり体色変える奴が出て来たりするトラブルに発展していくわけです。

なので、こちらの世界の恐竜や類似の生き物(爬虫類・鳥類)から推測される耐弾性能はあまり当てにならないかな~と。

そもそも本物の恐竜は絶滅していて、銃で撃った人なんていませんからね(笑)

劇中・作中が全てかなと。

劇中で恐竜に対して発砲したシーンというのは少ないんですが、映画2作目の「ロストワールド」ではティラノサウルス(以下T-REX)への発砲シーンがありました。

1作目のパークが崩壊した後、再起を図るインジェン社は繁殖所がある島に捕獲部隊を送ります。



G3(Hk91)や大口径のライフルで武装したその捕獲部隊「ハーヴェスト・チーム」が野営しているところをT-REXが襲撃するわけですが、そこで型番不明ながらAK(ストックからタブク製のAKMSか?)を発砲しているシーンがあります。




恐らく7.62×39弾ではないでしょうか。

最初の発砲はあらぬ方向に撃ってますが、次はしっかりT-REXに銃身が向いているように見えます。

まぁ効かないんですけど(笑)

チームのリーダーでハンターのローランド氏が.600nitro express弾という…象とか撃つための大口径ダブルバレルを構えるんですが、ちょっと色々あって撃てませんでした。




もし側頭部に当たっていたら殺れていたのかも…?




そして時代は飛んで「~ワールド」です。

いや、「~ワールド」もオススメなんですよ。「~パーク」への愛に満ちていて本当に有り難かったです。

この「~ワールド」ではT-REXをベースに「強く恐ろしく」遺伝子改良したエンターテイメント向けのモンスター、インドミナス・レックスが登場します。

脱走したこの恐竜の捕獲に向かった対恐竜部隊ACUがこのインドミナスに向かって正面・至近でショットガン(弾種不明)を撃つんですが、初速80の0.2g弾を10mから受けたサバゲーマーくらいのリアクションでした。効いてませんね。

いよいよ客を襲いそうだったインドミナスに対して、主人公が「M134ミニガンを使って殺せ」と指示を出し、インドミナスを殺処分するべく発砲するシーンがあるわけですが…ということはつまり、フルサイズの7.62mm弾であれば殺せるということでは…?当たりませんでしたけど。

その後、主人公がマーリン1895SBLというレバーアクションのハンティングライフルで.45-70弾という、尖頭弾ではないものの、7.62NATO弾より太く、火薬量も多い弾をバシバシ当ててるんですが、こちらも今一つ…




小説の「~パーク」では、ビックゲームのガイド等も務めた元ハンター、マルドゥーン氏(映画でSPAS12持ってた人)がT-REXに対するため対戦車ロケットの購入を申請しているという描写がありました。




T-REXクラスの大型恐竜には最低でもフルサイズの7.62mm弾、出来れば12.7mm等安心できる大口径銃を使いたいものです。

「~ワールド 炎の~」では、今度は中型恐竜ヴェロキラプトルと、その遺伝子改良型モンスター・インドラプトルに対して発砲シーンがあります。

ヴェロキラプトルの方は拳銃で致命傷でしたね…

凄く賢くて強い!という触れ込みでオークションに出されたインドラプトルの方も、SIGのSG552で殺れそうな感じでした…

相手の狼狽え弾が効いちゃう生物兵器ってどうなんでしょう…コスト対効果が低い気が

ディロフォサウルス(~パークに出て来た襟巻きで威嚇して毒液吐くあいつ)のような小型の肉食恐竜や、ラプトルのような中型肉食恐竜は5.56mm弾。7.62mm弾ならより安心…といったところでしょうか。

ただ、大型や中型の皮膚に効かなそうな散弾・拳銃弾の銃も、「失明狙い」という観点で見ると全然アリなんですよね。
小型には充分でしょうし、そもそも大型は数が少ないですしね。

以上を踏まえて、友達と携行火器の分担を考え②の方の「Ⅲ」傭兵装備を合わせてみました。










全体的にちょっと古めに。


自分の装備はこんな感じです。



上はTAN、下はウッドランド
南アフリカのP83ベスト
ステアーAUG

迷彩はタイガーやDPMとか合わせてもいいかも知れません




脱線しまくりましたが、前編はこんなところで。

後編では①の、もしも無事にパークが開園した後の職員装備について考えていきます。




読んでいただきありがとうございました。本当に。






  


Posted by 岬  at 19:02Comments(0)その他

2018年02月28日

密猟絶対許さないフレンズ

ちょっと前にTwitterのタイムラインに流れて来たこの写真




服と装備の色合いや雰囲気が大好物で、カッコイイなぁ…と記憶に残ってたんですが

これをボリビアで麻薬カルテルの撲滅作戦を遂行するCIAと特殊部隊達のビデオゲーム「ゴーストリコン ワイルドランズ」のキャラメイクで再現してみたわけです。




これが中々気に入りまして



いつかサバゲーで似たような装備やろうと心に決めていたわけですが

先日の自分主催イベント「AK祭り」でやってみました。


(背景力高い友達のランドクルーザー)



(合わせてくれた友達…根性の半袖※雪)

そもそもこの写真の人はなんなのか…というと



アフリカの自然公園等では、高値で取引される角や牙を目当てに野生動物を狩る「密猟者」に侵入されることがあるようで、






そういう輩から観光資源である動物達を守るための密猟者ハンターというのが現地にはいます。




…その「密猟者ハンター」を訓練する会社の人のようです。




この写真と、写真の人が所属する会社にイタリアのTV番組が同行取材した時の動画から、なんとなく装備のイメージを取り入れてみました。




カッコイイなと思ったこのバックパックは5.11のRUSH 12のようです。





(真ん中のパッチはスポンサー)

前述の「ゴーストリコン」では知らずに同じシリーズのバックパックを背負わせていました…。



ゲームでは、より大型のRUSH 72ですね


(5.11 RUSH 12)

チェストリグはメイフラワーのrecceチェスト。RGカラーです。



500D、めちゃ軽いですね。

EagleのMPCR等、こんなような形で、紐やタグやファステックスが濃茶で生地がRGカラーのチェストリグが昔から好きで好きで。

でも装備に合わない…と保留になっていた念願のチェストリグを今回導入してみました。




密猟者絶対許さない装備。




に、アニメ公開当時から「やりたいなぁ」とコトコト煮込んでいたTVアニメ「けものフレンズ」の「ジャパリパーク職員」という野望を合わせてみたわけです。架空のパークレンジャー。




何気にこの手の「ジョークパッチ(パロディパッチ)」も大好きでして。







巨大セルリアンの出現でパーク職員が退去し閉鎖されたジャパリパークで、フレンズを愛玩目的(控えめな表現)で密猟しようとする輩を倒す、密猟者ハンターの皆さん



ごっこ。





に、友達が参加してくれました。

パークの危機なのだ!






この架空の密猟者ハンターの格好に合わせたのが、似合う装備に難儀していた前回の記事の「エリジウムAK」。





これなら密猟者もセルリアンも倒せそうです。




これで銃も装備も満足~~~…と思ったのですが、密猟者ハンターの写真を眺めていると、FALやガリル(ベクター)やG3が欲しくなるから困ったもんです。




さぁ今年は密猟者ハンター装備が…

流行るとか、流行らないとか!!!
  


Posted by 岬  at 11:16Comments(3)その他

2018年02月27日

エリジウムAK



今回のネタはこちら




エリジウムAKモジュールです。



「エリジウム」というマット・デイモン主演のSF映画に登場する変なデバイスで変な弾を使うAKです。

主人公が敵の人型戦闘ドロイド相手に使いました。



公開直後から、その特異な見た目から話題になり、映画を観る前にこの画像だけ見てしまったくらいです。


舞台設定2154年という未来でありながら、尚も魔改造され使用されるAK…いいですねぇ

ロマンですねぇ

魔改造…と書きましたが、それほど改造されてるようにも見えないところが更にポイント高いんですよこれ

特殊な弾と、それを使うためのデバイスをポンと載せただけな感じ。

すごく「有り得そう」で大好きです。



で、これのプロップをレジンで製作された方がワンフェスか何かのイベントにて頒布されてまして、当時から指加えて見ていたんですが、この度このエリジウムAKモジュールを譲っていただけることになり、自分の手元に来たわけです。

このレジンキットを仕上げてくれたのはモデラーでありコスプレイヤーでもあるODAさん Twitterアカウント(@ODA_orz )

あの形だけの状態のレジンキットを素晴らしいクオリティで仕上げてくださいました!





各部の剛性強化やディテールアップが施されており

素晴らしいクオリティです(2回目)



で、このエリジウムAKですが

映画だと空中炸裂弾…いわゆるエアバースト弾なんですよね。





恐らく上に載ってるこのデバイスは目標までの距離を測定するレーザーレンジファインダー的な何かなんでしょう多分

こんな弾を使ってます↓
白い弾頭の方がエアバーストでしょうか



この弾を作ってマガジンに込めて飾りにしようかと思ったんですが、よく見るとこの弾、7.62×39弾の弾頭に追加で何かくっつけてるんですよね…

これじゃ全長的にマガジンに入らないじゃん…ということを言い訳に、ダミーカートを塗装するに止めました。

なんとなく、変な弾が装填されているように見える…?



いや~~~…満足感のお化けですエリジウムAK

エイリアン2のパルスライフル以降、久し振りのヒットでしたからね個人的に。

CoDの未来のやつに似たようなAKが出てましたけど…あれも結構好きです。

次回はこのAKを持つ装備についてです。


  


Posted by 岬  at 08:45Comments(0)

2017年12月16日

ギアフェス 2017 装備の話



はい。

前回の「ゲームの話」に続き「当日の自分の装備の話」です。

ギアフェス2017 ゲームの話
http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e895082.html

参加された皆様の大半は「え…なにアレ…(ドン引き)」と疑問を持たれたことでしょう

いわゆる終末系装備として「NOname」枠に参加していました。

終末系装備を知らない人にはサバゲー界の比較的新しい一装備ジャンルとして衝撃を与えたのではないでしょうか(色々と)

「終末系装備って何だよ」って方向けに一記事書いてるので興味ある奇特過ぎる方は
(俺的終末装備の話)
http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e716805.html

簡単に書くと、戦争や疫病で社会が崩壊した後の「終末世界」を生きる人間を想像した装備…ですかね…

邦題「ゾンビ」「ドーンオブザデッド」でショッピングモールで好き勝手やる主人公達や、ウィル・スミスの「アイアムレジェンド」で廃墟となったNYをクリーチャーと戦いながら一人で暮らしていくその姿に感じたワクワク感をサバゲー装備に落とし込んだような


装備好きだけど、何か特定の軍警察の装備ではない人の受け皿がNOnameなわけですが

メチャメチャかっこいい軍警察装備の群衆にこれで飛び込むには結構な勇気が要りました

いやもう前日夜ギリギリまでいつものAOR-2のアノ人装備に切り替えてNOnameにしようか悩んでいたんですが、
テレビゲーム「The last of us」で終末装備熱が上がっていたのでこちらに…

あ、この「The last of us」というゲーム、メチャクチャ面白いのでPS3かPS4持ってる方は買ってください(販促)




パンデミック初期に娘を亡くした主人公(cv山寺宏一)が、20年後の終末世界で運び屋として亡き娘と同年代くらいの女の子と旅をするゲームです。


で、自分の装備ですが



自分が主催した第四回 終末系装備サバゲーと概ね同じです。

(第四回 終末系装備サバゲー)
http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e822344.html

ゾンビ化ウィルス・パンデミックで崩壊した世界で、ゾンビや他の生存者と戦いながらその日暮らしをしている感じ

テレビドラマ「ウォーキングデッド」やテレビゲーム「The last of us」なんかの装備をイメージしてます。




その辺で手に入った使えそうな物を手当たり次第持ち歩いているような…


こちら同じく終末系装備で合わせてくれたAyuさん

武器はM4にしました


もっと気合い入れた民間っぽさを16インチバレルとかで出していきたいと思います。

恐らくゾンビ終末世界では出動した米軍が5.56弾とM4を大量に残して壊滅したりしていると思うのでこちらに

警察感のある短銃身のARや、民間っぽさの出る長銃身AR、猟銃なんかも似合いそうですね。

9mmパラも沢山入手出来そうなのでベレッタM9も…

「貴方なら何を持ちますか?」

この辺の想像が終末装備の楽しいところでもあります。


あ、それとThe last of us意識してバックパックにL字ライト直着けしたらストックが干渉して邪魔極まりなかったんで、ちょっと前に本職(?)がストックパッドを半分以上ぶった切ってて話題になっていた写真を真似してみました。



ギアフェス2017の装備はこんなところです。

長々読んで頂きありがとうございました。

次回はどうでしょうね…
一発ネタで終わらせるかどうしようか





少女終末旅行、良いですね。
漫画の雰囲気そのままで。





今回これがやりたくて終末系装備で参加したのは秘密だ  


Posted by 岬  at 09:31Comments(0)イベント